「大人カロリミット」は食事による余分な糖分や脂質を体内に吸収しにくくしたりカロリーをカットしてくれるサプリメントですがそんな優れた効能の裏には、副作用があるのではないか?と心配される人も多いですよね。

『太りにくい』のは下痢になるからという声もありますが実際、大人カロリミットはどうなのでしょうか?

大人カロリミットには、下剤のような強い成分は入っていません。だから安心して飲むことができます。

しかし、配合されている成分のなかに便通を促す作用があるものが含まれていますのでお通じが良くなった結果、少しゆるくなってしまうこともあるようです。

また、胃腸を整えてくれる効果もありますのでこれまでに腸内に溜まっていた老廃物が体外に排出されることもあります。

つまり、身体に悪いことが起きているのではなく健康な腸内環境が保たれ、消化吸収がスムーズになった結果、元々便通が良い方やゆるくなりやすい体質の方は下痢になったと感じることがあるんですね。

これは長く飲み続けていくうちにおさまっていくとのことですので安心して大丈夫のようです!

大人カロリミットで下痢にならないためにすること

さて、前回の記事では「大人カロリミット」を飲んだことによって下痢になる原因は腸内環境が整ったためであるとお話しました。

危険な成分が入っていないとはいえできることなら下痢のような症状は避けたいですよね。

というわけで、今回は大人カロリミットで下痢にならないためにすることをご紹介します。

●規定量を守る
大人カロリミットは1日1回、4粒です。たくさんカロリーカットをしたいからといってこれ以上の量を摂取してしまうと成分が効きすぎて下痢になってしまうことがあります。毎日飲むサプリメントですから、規定量をきちんと守るようにしましょう。

●胃腸の調子に合わせて量を調節する
人の体は毎日同じではありません。疲れていたり、不規則な食生活などをしているとお腹を壊してしまいやすい状態になってしまいます。大人カロリミットを飲んでいて、少し便がゆるいと感じた時は量を減らして、様子を見てください。

●他のサプリメントとの併用をしない
サプリメントは手軽にカロリーカットや、栄養分を補うことができますが、有効成分が効きすぎてしまったり、飲み合わせが悪いと下痢や便秘などの症状が出るといわれています。

大人カロリミットひとつで、十分にカロリーカットの効果を得られますから他のサプリメントと併用せずに服用してくださいね!

間違った使い方をすると、思いがけない副作用が出てしまうことがあります。用法・用量をしっかり守ることが安全に続けられる一番の近道ですよ!