メタバリアS 飲み方
サプリは健康食品なので、いつ飲んでも効果は同じでしょ?と思われがちでもあります。

しかしダイエット効果のあるものや健康面に配慮するような成分が配合されているサプリの場合は、飲み方によって効果に差がでることもあります。

メタバリアSもサプリメントですが、正しい飲み方をすることで効果を実感しやすくなったり、変化を感じることができます。

それがなぜなのかは、メタバリアSの成分配合をチェックしましょう。

メタバリアSの飲み方を知ろう

では早速メタバリアSの飲み方を見ていきましょう。

ポイント1:キーワードは食事

メタバリアSは美味しいものは食べたいけれど、健康面に気を遣いたいという方に向けて作られたサプリです。

そのため食事というのが一つのキーワードとなり、メタバリアSの飲み方はこのキーワードを中心として考えていく必要があります。

メタバリアSには糖の吸収を抑える効果、腸内環境を整えるといった効果があります。

糖の吸収も腸内環境も先ほどのキーワードである食事に繋がりますね。

メタバリアSの成分配合と効果は食事と密接な関りを持ち、飲み方に関しても食事時に摂取することが大事ということになります。

ダイエットサプリによくあるものは、サプリと食事を置き換えるというもの。

しかしメタバリアSの販売元である富士フイルムの考え方は「バランスのよい食事をとりながら上手に糖の吸収を抑えること」と考えています。

バランスのとれた食事をしながら適度な運動をして健康を保つという理想的な生活をサポートするのがメタバリアSなのです。

ポイント2:飲み方は

メタバリアSに配合されているサラシア由来サラシノールは酵素の分解を抑え、糖が吸収されにくいように働くことができます。

また食後30分後の血糖値の上昇を抑制することや、ビフィズス菌を増やし腸内環境を整えることができます。

血糖値が上がってしまうと生活習慣病になったりと健康面を害する病気にかかってしまうことがあるのは知られていますよね。

そこで重要となるのがメタバリアSの飲み方です。

食事の糖の吸収を抑えるために、メタバリアSは食前に飲むことで効果を発揮します。

糖を抑制することや腸内環境を整えること、血糖値の上昇を抑制するといった効果を見ると自ずと食前に飲むのが良いのだろうと判断できますよね。

食前に飲むのを忘れてしまった場合は、食事の直前や食事の最中に飲んでも問題はありませんが、食後に飲むことは勧められていません。

どうしても忘れやすいという方は、メタバリアSを食事の前に飲むことを習慣付けるようにすると良いでしょう。

メタバリアSはいつ飲んでも良いというわけではなく、正しい飲み方をすることで効果を実感しやすくなるものなので飲み方には十分注意して効果を実感できるようにしましょう。

飲み方の注意点は?

メタバリアSは1日のなかで3回に分けて飲むことがおすすめされています。

1日あたりの目安摂取量は8粒となるので、食事の内容やボリュームにあわせて1回に飲む量を調整しましょう。

1回の量を増やすということや、8粒をまとめて飲むよりは、1日の食事の中でバランスよくメタバリアSを摂取することが大事となるため、無理のない範囲で飲むようにしましょう。

また喉につまらないように水と一緒に飲むようにしましょう。

メタバリアSはサプリなので、他のサプリと組み合わせて飲む方もいるでしょう。

その際は特に飲み合わせに注意が必要なものはありませんが、成分が重複しないようにすることだけ注意しておきましょう。

また薬を服用中の方は予め医師に相談をしてからメタバリアSを飲むか判断するようにしましょう。

メタバリアSは薬ではないので、飲んでいれば健康になれるのか?何かが回復するのか?というものではありませんが、健康を維持したい、健康面に気を遣いたいという方の強い味方になることは間違いありません。

日本初のWの機能性表示食品として位置づけされていることもあり、年配の方からの信頼が厚い商品でもあります。

食べることが好きな反面健康にも気を遣いたいという方は、飲み方に注意しながらメタバリアSを試してみてはいかがでしょうか。