白インゲン サプリ
一時期テレビでも話題になった白インゲン豆ダイエットですが、サプリで摂取するのと調理して食べるのではどちらがいいのでしょうか?

食事制限によるダイエットは一時的に痩せることができても、基礎代謝が下がってすぐにリバウンドを起こしてしまう恐れがあります。

白インゲン豆には不必要な栄養を排出し、余分な脂肪を溜め込まないヤセ体質へと改善できるとテレビで紹介されたことから話題になりましたよね。

白インゲン豆を自分で調理して食べる方法もあれば、白インゲン豆成分が含まれているサプリを摂取する方法もあります。

自分で調理して食べたほうがよりダイエット効果が期待できそうなのですが、実際のところどちらがより痩せやすくなるのでしょうか?

白インゲン豆はサプリがおすすめ!

白インゲン豆ダイエットを行うのであれば、断然サプリでの摂取がおすすめです!

しかし、何となく生の白インゲン豆を買ってきて、自分で作って食べたほうがより成分が吸収されそうなのですが、なぜサプリがいいのでしょうか?

実は白インゲン豆を調理して食べるのには様々なデメリットがあるのです。

どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?

・副作用を起こす危険性も

白インゲン豆だけでなく、豆類にはもともと毒があり、加熱をすることで無毒化させることができます。

しかし、白インゲン豆を無毒化するのにはかなりの熱を加えなければいけず、フライパンで10分以上炒めないと毒を消すことはできません。

毎回白インゲン豆を食べるために10分以上もフライパンで炒めないとなると、正直面倒ですし、毎日は続けられないですよね。

また、以前テレビ番組で白インゲン豆ダイエットを紹介する時に、フライパンで炒める時間はたったの3分でいいと紹介したことから、腹痛や嘔吐などの副作用を発症した人が急増し、大問題となりました。

目に見えて無毒化できているかどうかなんて分からないですし、毎日白インゲン豆を煮るのも手間なので、長期間続けるのには向いていないでしょう。

・簡単には購入できない

白インゲン豆は近所のスーパーにいつでも販売しているようなメジャーな食材ではないので、販売先を探すのが大変です。

海外の食材を取り扱っているような販売店に行けば売られていることもありますが、定期的に購入できるか分かりませんし、値段もさほど安くはありません。

国内産であればまだしも、外国産の白インゲン豆は特に有毒性が高いことから副作用が起こるリスクが高まります。

白インゲン豆ダイエットはサプリでの摂取がおすすめ

白インゲン豆サプリであれば、わざわざ買いに行く手間もありませんし、サプリになっている時点で十分に加熱されているので、毒による副作用を気にする必要はありません。

また、白インゲン豆サプリは比較的にリーズナブルな価格で販売されているので、生の白インゲン豆を買い続けるよりもコストがかからないのもいいですね。

白インゲン豆を調理して食べるとなると、必ず家で食べなければいけないのもデメリットの一つです。

外出先で食べて済ましてくることもありますし、毎日同じ食材を食べるのはストレスに感じることも。

サプリになっていれば、水と一緒にさっと飲むだけでいいですし、味がそもそもほとんどしないので飽きることもありません。

白インゲン豆を摂取することで、ヤセ体質へと改善させることができますが、1番大事なのは長く続けることです。

どんなにダイエット効果のあるサプリでも、短期間だけしか飲んでいないようでは効果を実感できませんし、痩せることは難しいでしょう。

手軽に摂取しやすい白インゲン豆なら無理なく続けることができるので、白インゲン豆ダイエットにチャレンジするならサプリから始めてみませんか?